●2004年11月27日(土) 最終日の観光
   

 今日は観光の日として空けていました。郭さんは私たちを飛行機に乗せて、台湾東側の中部にある花蓮の町(郭さんの生まれ故郷)へ。

 ここは近くに大理石が取れる大峡谷があって風光明媚な所で案内すると言ってくれたのですが、昨晩の宴会で“乾杯”をやりすぎた為、午前中は休養を取り、午後から市内観光をすることになりました。

 

食事

 昼食は今、台北で一番流行っている日本レストランへ。ちゃんとした日本料理店はこちらでもかなり人気があるのですが、高い割に量が少ないのが難点。その点、この店はありとあらゆる日本食(天ぷら・刺身・焼き魚・ちらしずし・茶碗蒸し・土瓶蒸しまで!)が揃っていて、それをバイキング方式で時間無制限で満腹になるまで食べられるのがウケて、今やお昼時少しでも遅く行くとかなり待たされる程に繁盛しているとのことです。子供連れも多く、ほとんどが地元の人達のようでした。

 ゆっくりと昼食を取った後、これまた今、台北で一番新しいモダンな世界一高い台北101ビルへ行きました。上海の88階建て420.5メートルの金茂ビルよりアンテナ分だけ高いそうですが、それもすぐどこかの塔に抜かれるそうです。

 まだビルの最上階までは上がれませんが、5階までは主にアメリカ系ファッションの店が数多く入っており、台湾ファッション最前線といった感じです。

 夕方遅くなってからは、うって変わって台北の下町、最も古いお寺「龍山寺」とその界隈の夜市をのぞいてきました。東京で言えば浅草、京都では錦の市場、大阪では通天閣界隈といったところでしょうか。まあ様々なお店や露天が出ている中、ひときわ人が群がっているお店がありました。よく見ると“青ヘビ研究所”と・・・

ヘビ料理の店で、店先で客寄せに生きたヘビを吊るして生き血をビールで割ったものとを盛んに勧めている所でした。

 話のネタにとたった今捌かれた生き血のビール割りとヘビスープを恐る恐る注文してみました。ヘビの血は赤色・白色・緑色と三種類あったのですが、生臭いと聞いていたので一番効き目のありそうな?赤色のものだけを飲みました。

しかし、飲みやすくどうって事ない味でしたが私達が飲んだ後、店先では次の様に説明していました。「赤色は美肌に、白色は目の疲れに、緑色は精力剤に」と。4人共間違ったものを飲んでしまった?かもしれません。

 

 

 すぐ近くには新鮮な魚を出す台南料理の店があり、陳さん曰く台北より高雄台南料理の方がおいしいとか。ここでは平気にエビの踊りや活き造りが食べられるのですから、人間のエゴは勝手なものです。

  夜も更けてきましたがこの台北での旅行、最後の仕上げは再び足裏マッサージと約一時間半の全身マッサージで疲れも取れ、28日(日)帰日の途につきました。

 日本と台湾、わずか2時間あまりのフライト、台湾がこれほど近く身近なものに感じられ、又、台北のファゴット界の皆さんと更に友情が深まり益々お互いの交流が深まることを確信して、この旅行を終える事ができました。